佐賀陸運支局での改造申請レポート

平成21年9月25日

普通の車と変わらず、チェックを受けます STEP1
ライト類、ワイパー、ホーン等、普通の車と変わらず、チェックを受けます。
やはり、エンジンが付いていない点は説明が必要でした・・・。
提出書類も確認してもらい、いよいよ検査ラインへ・・・。

検査ライン STEP2
次に、検査ラインへ進みます。
サイドスリップ、ブレーキ、メーターテスト、光軸など普通の車と同じようにチェックをしていきます。

下回り検査 STEP3
その後、下回り検査へ
エンジンが付いてないので、オイルのにじみもなく、マフラーからの排気漏れなどもありません。

排ガス検査 STEP4
ここで、「排ガス検査」となる場面ですが、エンジンはもちろん、マフラーも付いてないので、検査はパス。
ただ、この場面でも検査官への説明が必要でした。
検:「は~い、じゃあ・ガス検ね…マフラーは?」
島:「ないです!」
検:「えっ、なんで??? ハイブリッド?」
島:「いや、電気です!」
みたいなやりとりがありました。。。

検査ラインも無事終了し、車両重量と車体寸法の計測 STEP5
検査ラインも無事終了し、車両重量と車体寸法の計測です。

車検証には「原動機の形式」と項目があり、その形式を明記しなければなりませんが、この車のモーターにはそのようなものはありません。なので、ナンバー付ける事に・・・。
この車用の世界に唯ーの形式 「国[01]473」 を作ってもらい、検査官の方から、モーターへナンバーを印字したシールを張り付けてもらい、これですべての検査が終了しました。

発行された車検証の備考欄には、構造の変更点がいろいろ記載されています。
形式の欄には「改」の文字が加わり、原動機の形式には、「国」、そして面白いのは燃料の種類のところに「電気」と書かれているところでした。

車検証

ISO14001 ISO14001に準拠した環境マネジメントシステムを推進し、継続的改善を実施します。
ISO27001 ISO27001に準拠した情報セキュリティマネジメントシステムを推進し継続的改善を実施します。
Fun to Share
Copyright (C) Shimada Shokai Co.,Ltd All Rights Reserved.